Loading...

はじめての星空鑑賞

はじめての星空鑑賞

星を見に行こう!

お好きな日時を入れていただけると、八ヶ岳エリアから見える星空がチェックできます!


HTML5/Canvasに対応したブラウザでご覧ください

※半角数字でご入力ください。


どうやって見る?

星を見るのには、ただ、上を見上げればよいだけです。機材もいりません。でも、ちょっと星の話をしてくれる人がそばにいたり、双眼鏡や望遠鏡をのぞいたり、いい場所を知っているだけで、星を見る楽しさ・喜びが膨れ上がります!
みなさんがそれぞれの楽しさを、見つけられるように、ナビゲーターがお手伝いします!

Q.何をもっていけばいいですか?
八ヶ岳高原は、夏でも夜はひんやりします。上着を必ず持っていてください。冬はばっちり防寒で! 他、寝ころぶための敷物、足元を照らすための小さいライト(赤いセロファンなどで覆っておくと他の方の迷惑にならないです)、星座早見盤(最近は、スマホのアプリで、星座名や星の名前を教えてくれるものがあるので、それが便利です)があるといいですね。

どこに行く?

八ヶ岳には、星空観望会を実施している宿泊施設や、星がきれいにみえる敷地内にある宿泊施設が多くあります。ぜひこちらをチェックしてください!ガイドつきだったり、望遠鏡の貸し出しがある施設もあります。それぞれに環境や状況がいろいろありますので、詳細は、各施設にお問合せください。

Q.宿泊施設以外で、星見スポットを知りたいのですが・・
星がよく見えるのは、街灯のない暗い場所になりますが、農地や牧場の敷地などに立ち入らないように注意が必要です。また、(八ヶ岳山麓エリアはクマはあまりいませんが)鹿などの動物にも注意してくださいね!
星空ギャラリーでは、どこのエリアからとった写真かがわかるようになっています。そういった写真詳細のこと、星見スポットについて、アドバイスがほしい、という場合には、ぜひ「ナビゲーターへ質問!」にお問合せください。

いつがいい?

星は1年かけて空をめぐって、また1年で同じ場所に戻ってきます。それぞれの季節で、それぞれの楽しみがあります。が、なんといっても星を見るのには、何はともあれ空が晴れていないと見えません!
八ヶ岳でもっとも晴天率が高いのは冬で、かつ、冬は1年の中でも、明るい星のもっとも多い星空が見られます。
12~2月には、「スターオーシャン八ヶ岳星ツアー」として、標高1900mの地点から星見ができるイベントも開催していますので、その時期にサイトをチェックしてください。

Q.天の川が見たいのですが、いつがいいのですか?
まずは月あかりがあまりない日を選びましょう。(しかも、天の川の近くにないときを選ぶ必要があります。)月と天の川の関係は、上のシミュレーションソフトをつかって、確認できます。
いわゆる夏の天の川(かなり濃い部分が見えるのは夏の天の川です)の目印は、夏の大三角です。織姫と彦星の間を通っています。5~6月ぐらいは、真夜中に頭の高いところを通ります。実はこのころは天の川をくっきりみる穴場時期でもあります。7月~8月は、宵の空南から東にかけて、8月~9月は、宵の空西のほうへ傾きます。10~12月も、どんどん日が短くなるおかげで、夏の星座はまだ宵の西空にあります。すっきりした晴れのときであれば、暗くなってすぐの時間でも見ることができます! 一方、12~3月は冬の天の川が見えてきます。夏の天の川よりだいぶ薄く見つけづらいですが、冬の大三角が目印です。
Q.星を楽しむイベントに参加したいのですが・・
日にちが決まったイベントについては、スターオーシャン八ヶ岳facebookページに情報をアップしていきます。プラネタリウムやワークショップなどもあります。ぜひfacebookをチェックしてください。他、具体的なお問合せは、こちらへ

スターオーシャン八ヶ岳

Copyright (C) Star Ocean Yatsugatake. All Rights Reserved.